今週はこのレースを買って下さい

→5月22日(日)調布特別
→5月22日(日)オークス(G1)

2021年競馬予想記事

【中日新聞杯2021】予想と最終追い切り・調教評価

こんばんは。キリツクバです。

今回は中日新聞杯の最終追い切り・調教評価を書いて行きたいと思います。

 

中日新聞杯が行われる12/11(土)中京競馬場の天気予報は晴れ。

降水確率は10%となっています。

中京競馬場芝コースは良馬場確実!!

 

<中日新聞杯2021最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、激戦のハンデ戦!!

どんな競馬をするのか楽しみ。

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

⇒ C.人気ブログランキング

 

それでは中日新聞杯の予想と最終追い切り・調教評価を書きたいと思います。

追い切り・調教は当然の事ながら一週前最終が特に大切だと私は思っています。

私は「追い切り派」「調教派」なので各馬の追い切り・調教時計を非常に重要視しています。

追い切り・調教というファクターを無視する事は競馬をやる者にとって自殺行為だとも思っています。

この追い切り・調教内容や時計を参考に馬のデキを一緒に見極めて行きましょう。

追い切り・調教時計はネット情報を参考にしています。

※ちなみに一週前追い切り・調教評価はコチラ

 

 

◎中日新聞杯激推奨情報

今週現在4戦2勝
先週は5戦4勝
地方好調から・・
週末爆勝ち予想へ
的中率OK無料に乗るのはアリな事です!

─────────────────────

無料公開予想
12/9大井1R 60300円
12/8園田8R 21300円
12/2園田11R 18600円
12/1船橋1R 36300円
11/30船橋2R 3900円
11/29園田7R 7200円
─────────────────────

そして中央は・・
マイルCS
233700円!!!

─────────────────────

地方~的中率OK
中央~爆勝厚張り

中日新聞杯無料公開金曜20時

⇒ 中日新聞杯激熱買い目
金曜無料公開の中日新聞杯からチェックしてみてください。

 

中日新聞杯2021最終追い切り・調教評価

 

〇アイスバブル(水口)
栗CW 重 83.6 66.8 52.1 37.3 11.4 一杯
追い切り評価【C】

最終猛時計も・・

特別良化は感じない・・

 

〇ショウナンバルディ(岩田康)
栗坂 重 53.1 38.8 25.4 12.9 一杯
追い切り評価【B】

二週続けて好時計。

前走時のデキはキープ。

 

〇アドマイヤビルゴ(武豊)
栗CW 重 87.4 71.2 54.7 38.3 11.2 末一杯
追い切り評価【B】

一週前馬なり好時計、最終そこそこ好時計。

悪くはない。

 

〇トラストケンシン(藤岡康)
美坂 重 56.6 40.2 26.0 12.6 強め
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

要らないでしょう・・

 

〇ラストドラフト(三浦)
美南W 重 87.8 71.3 56.3 40.9 12.2 馬なり
追い切り評価【A】

最終軽め調整も、一週前猛時計!

前走時より良化を感じる時計。

 

〇アフリカンゴールド(国分恭)
栗CW 重 80.0 65.2 51.7 37.7 12.1 一杯
追い切り評価【C】

最終猛時計も・・

特別良いとは思わない・・

 

〇シフルマン(川須)
栗CW 重 97.7 66.5 52.3 37.7 12.0 強め
追い切り評価【B】

最終猛時計。

悪くはない。

 

〇ヒンドゥタイムズ(Mデムーロ)
栗CW 重 84.9 69.0 53.5 37.7 11.4 一杯
追い切り評価【C】

最終好時計も・・

特別良化は感じない・・

 

〇シゲルピンクダイヤ(和田竜)
栗坂 重 54.3 39.7 24.9 12.0 末強め
追い切り評価【C】

最終そこそこ好時計も・・

特別良いとは思わない・・

 

〇ボッケリーニ(浜中)
栗CW 重 52.3 37.0 11.5 一杯
追い切り評価【A】

最終猛時計!

前走時の好状態キープ。

〇マイネルファンロン(松岡)
美南W 重 85.3 68.3 52.5 37.9 12.4 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり猛時計。

前走時のデキはキープ。

 

〇ディアマンミノル(荻野極)
栗CW 重 85.2 70.0 54.9 38.9 11.7 馬なり
追い切り評価【B】

一週前猛時計、最終馬なりそこそこ好時計。

前走時のデキはキープ。

 

〇ヤシャマル(丹内)
美坂 重 52.3 37.9 24.9 12.6 強め
追い切り評価【C】

最終猛時計も・・

要らないでしょう・・

 

〇ラーゴム(池添)
栗CW 重 66.9 51.5 36.6 11.4 強め
追い切り評価【A】

最終猛時計!

前走時の好状態キープ。

 

〇バイオスパーク(藤井)
栗CW 重 84.4 68.5 53.2 37.9 11.9 馬なり
追い切り評価【B】

最終馬なり猛時計。

前走時のデキはキープ。

 

〇キングオブコージ(横山典)
栗CW 重 82.9 66.5 51.1 36.3 11.4 G前仕掛け
追い切り評価【A】

二週続けて猛時計!

前走時より良化を感じる時計。

 

〇プレシャスブルー(吉田隼)
美南W 重 67.2 52.0 38.0 11.8 馬なり
追い切り評価【C】

最終馬なり好時計も・・

特別良いとは思わない・・

 

〇レイエンダ(ルメール)
美南芝 不 71.8 55.5 40.4 12.7 馬なり
追い切り評価【C】

最終時計平凡・・

特別良いとは思わない・・

 

中日新聞杯2021予想と最終追い切り・調教評価まとめ

 

S評価は皆無。

A評価はラストドラフト、ボッケリーニ、ラーゴム、キングオブコージの4頭。

 

<中日新聞杯2021最終予想

最終追い切り・調教を見る限り、激戦のハンデ戦!!

どんな競馬をするのか楽しみ。

追い切り・調教からの本命馬はこれ!!

⇒ C.人気ブログランキング

 

難解なハンデ戦の上に、現在の中京芝コースは外差しも効く馬場・・

人気が余り無い馬でも、良い動きの馬が居り混戦ムード。

直線の攻防は見応えが有りそうで・・

ザ・激戦!!

以上、中日新聞杯2021最終追い切り・調教評価でした!